着物を売りたい

母親や祖母の着物をもらったけれど着る機会がない…、昔買ったけれど着ていない着物をどうにかしたい…

 

このような悩みを抱えている人はいませんか?

 

ここでは自宅にある着物の処分方法をまとめてみますね。

 

【高く売る】着物を売るならどこがいい?着物買取の専門店を比較

 

メルカリやフリーマーケットで売る

フリーマーケットやヤフオク、メルカリなどで着物を売る方法は、誰でも簡単に利用できます。特にメルカリはスマホがあればすぐにいらなくなったものを売れる、とっても便利なアプリです。

 

家にあるいらなくなった着物に関してもメルカリで売ることができるでしょう。フリーマーケットで売る場合、着物の価値が分からない人に売ることになるので買取価格は安くなってしまいます。

 

逆にメルカリやヤフオクなどのオークションサイトであれば、種類などに関係なく、買い手との需要がマッチすれば高値で買取してもらうことも可能です。

 

ただ着物の写真を撮ったり、説明を書いたり、落札者とのやり取りをしなければならないので、面倒に感じるかもしれません。

 

着物リメイクを依頼する

着物としてはなかなか着られないけれど、手元には残しておきたい!という人におすすめなのが着物リメイクです。

 

着物リメイクでは着物を洋服に仕立て治したり、着物を使って小物などを作り直したりすることができるでしょう。着物のリメイクを専門に行っているリメイクショップがあるので、そちらお店に依頼すれば様々なリメイクをしてくれます。

 

華やかなフォーマルウェアなどにしてもらえる場合もあるでしょう。特に母や祖母の形見で思い入れのある着物は処分しにくいものです。リメイクすることで処分しやすくなりますし、思い出を残しておくことにもつながりますね。

 

着物買取店の選び方

【高く売る】着物を売るならどこがいい?着物買取の専門店を比較

 

質屋よりも査定員がいるお店がおすすめ

着物の買取は質屋でも行ってくれますが、質屋には着物専門の査定員がいないケースが多いです。そのため質屋で買取してもらうよりも、着物買取専門の査定員がいる買取業者を選んだ方が確実でしょう。

 

特に年代物の着物などは高額で買取してもらえるチャンスが大きいので、専門の査定員さんにしっかりと査定してもらうことが高額買取につながりますよ。

 

着物の査定方法は、1枚ずつしっかり査定する方法と、重さで値段を決める方法があります。大切な着物を買い取ってもらうのですから、重さよりも1枚1枚丁寧に査定してもらいましょう。

 

出張で査定をしにきてくれるお店がおすすめ

着物買取店の中には店舗買取(持ち込み買取)や、宅配買取などがありますが、出張査定に来て買取してくれる業者を選びましょう。

 

買取業者が利用者の自宅へ直接訪問し、玄関先で着物の査定を行ってくれます。着物の査定員が買取査定に来てくれるのでしっかりと査定を行ってくれますし、買取が成立すればその場ですぐに代金の支払いを行ってくれるのでとても便利です。

 

わざわざ店舗まで行かずに買取してくれるのは非常にラクチンですね。また自宅の近くに買取店舗がない場合には、出張買取をうまく活用するとよいでしょう。

 

着物買取を依頼する場合、「出張査定・宅配便・持ち込み」どれがいい?

【高く売る】着物を売るならどこがいい?着物買取の専門店を比較

 

着物の買取をしてもらう時には、買取の方法として

  • 出張査定
  • 宅配査定
  • 持ち込み査定

の3つの方法があります。それぞれまとめてみますね。

出張査定

自宅に買取査定員が訪問して着物を買取してくれる出張査定は人気の買取方法です。

 

ホームページで訪問希望日を指定し、出張買取当日に査定員が玄関で着物を査定してくれます。

 

査定結果に満足であればその場で提示金額を払ってくれますし、もしも査定額に納得いかない場合には、買取を辞めることも可能です。訪問料金などは一切発生しません。

 

出張査定のメリットは、目の前で着物が査定される様子を確認できるので、査定員が信頼できる人かどうかも見極められます。また査定中に疑問に思ったことをすぐに確認できる点もおすすめです。

 

また自宅にいながら査定をしてくれるのでどの査定方法よりも楽ですし、値段交渉もできます。デメリットとしては、査定日の日程調整の必要があることと、査定後に断りづらいと感じる方も多いようです。もちろん無料キャンセルはできるものの、わざわざ訪問してくれているので…と買取にOKしてしまうケースがあるようですね。

宅配便

宅配買取は着物を宅配便で送って査定をしてもらい、査定額に納得すればそのまま買取してもらう方法になります。ホームページで申込み、買取希望の着物を段ボールに詰めて着払いで買取業者に送付するだけでOK。

 

荷物が業者に届くと査定が開始され、メールや電話にて査定結果が届きます。

 

査定額に納得すれば、査定額が指定された口座に振り込まれます。もしも査定に納得いかない場合には、商品を返送してもらえますが、その際送料がかかる場合が多いです。

 

宅配便による買取のメリットは、いつでも査定をしてもらえるということ。訪問査定のように日程調節の必要がありませんし、直接買取店に行く必要もないので、仕事が忙しい人などにおすすめです。

 

デメリットとしては、値段交渉はできませんし、査定員の顔を見ることも出来ませんので、信頼できる業者か分かりにくいでしょう。また訪問査定の時のように即日現金化は不可能です。

持ち込み

近くに着物買取店がある場合には、そこに直接持ち込んで買取してもらうのが一番簡単でしょう。メリットとしては、本当に信頼できる買取業者かどうかを自分の目で確認できるということ。

 

また自分のタイミングで買取に行けるので、日にち指定などをしなくてよいのもらくちんですね。

 

デメリットとしては、住んでいる家の近くに着物買取店がある場合には、直接持ち込みが可能ですが、近くにそのような業者がない場合も多いです。また買取店に行った時に、待ち時間がある場合もあるでしょう。

 

着物買取のおすすめ業者

バイセル

バイセル(旧 スピード買取.jp)

 

 

  1. おすすめポイント1:最短30分で自宅に査定に来てくれるスピーディーな対応
  2. おすすめポイント2:出張費や査定費は一切かからず、無駄な費用は必要なし
  3. おすすめポイント3:出張買取価格満足度、出張買取顧客満足度第1位を獲得

バイセルは、申し込み後最短30分で訪問査定が可能な出張宅配買取サービスになります。

 

買取のジャンルは着物以外にも古銭や切手、宝石、時計、骨董品など幅広く、日本全国に出張買取対応可能です。

 

日本全国査定料は無料で、出張料、送料、振込手数料も全て無料。腕利きの査定員が揃っており、満足度の高い査定金額を実現しているので、利用者からの満足度も非常に高いのが特徴ですよ。

 

もしも他の業者の買取金額が1円でも高いなど、品物を戻してもらいたい場合は、8日以内であれば返品してもらえますし、他のお店で断られた商品に対しても買取を行ってくれるでしょう。独自のフォローコールがあり、アフターフォローも万全の体制が整っています。クーリングオフにも対応しているので安心ですね。

 

買取プレミアム

買取プレミアム

 

 

  1. おすすめポイント1:女性着物査定員が在籍しているので安心して利用できる
  2. おすすめポイント2:査定前に無料電話相談で不安や疑問を解消できる
  3. おすすめポイント3:出張、宅配、持込の中から好きな方法で買取可能&全国対応

買取プレミアムは高値古物買取専門店で、大切な着物を丁寧に査定、買取してくれます。

 

出張買取、宅配買取、持込買取の3つの買取方法の中から、好きな方法で買取が可能で、日本全国いつでもどこでも買取サービスを利用することが可能です。

 

出張料、査定料、キャンセル料、相談料などは一切かからずコストなし。さらに女性鑑定士が多数在籍しているので、女性の1人暮らしで訪問査定をしてもらう場合でも安心して利用できますよ。

 

買取後、最大8日間であれば返品手続きもOKですし、ビギナーでも安心の365日24時間の無料相談が受けられるのも嬉しいですね。また今売りたい!ととっさに思った時にもすぐに対応してくれる24時間受付の点も魅力的ですよ。

 

 

ヤマトク

 

  1. おすすめポイント1:無料梱包キットに詰めるだけでラクラク宅配買取が利用できる
  2. おすすめポイント2:知識豊富な査定員が揃っており、買取できる商品が多い
  3. おすすめポイント3:宅配買取で査定が出れば、即日振込してくれるスピーディーな対応

ヤマトクは創業28年の実績のある買取業者です。年間17000件以上の取り扱い実績があり、日本全国どこでも買取に対応しています。

 

送料、査定料、振込手数料などは全て無料となっていて、無料の梱包キットにいらなくなった着物を詰めて送るだけで買取してもらえるのでラクチンです。

 

経験豊富な着物査定員が1点1点丁寧にしっかりと査定してくれるので査定には定評があります。独自の販売ルートに基づいた買取価格設定を行っているヤマトクでは、作家物、アンティーク品、古くなった着物に関しても高い値段で買取ことが可能です。

 

値段がつかなかった着物に関しては、お客さんの了承が得られれば無料引き取りして、小物やハギレにリサイクルします。

 

高価買取の着物の条件3つ

未使用の着物」や「10年以内に購入した着物」

高額買取の着物の条件として「未使用の着物」や「10年以内に購入した着物」があります。自宅保管の未使用状態の着物であれば高額買取が期待できるでしょう。仕付け糸がついた状態で、たとう紙に収められて、折りジワやたたみジワが出来ないように白い紙や薄い布がはさんであるなど、未使用品の着物であるとわかる状態で査定に出すようにしましょう。また古すぎる着物は査定額が付きにくいです。10年以内に購入した着物であれば高額買取になりやすいので、売るか迷っているのであれば早めに査定した方が、査定額は高くなるでしょう。

 

着物は丈が長いものの方が高額査定が期待

丈が長く大きい着物であれば、カバーできる体型の方が増えるので着用できる人が多いです。丈が長い着物の方が需要が高い傾向にあります。逆に極端に丈が短い着物などは買取価格が低くなってしまうでしょう。丈が長い着物は生地が多く使われているので、仕立て直しがしやすいです。また丈以外にも需要の多い色や柄の着物は高額査定になります。昔ながらの古典柄は流行りがなく、いつでも着れるので査定額も高くなりやすいです。

 

訪問着は高く売れる

着物の種類で最も高額査定が期待できるのは「訪問着」です。訪問着は、既婚、未婚問わず着用する機会が多く、需要も多いので買取でも高値が付きやすくなります。訪問着の次に、振袖、紬、留袖、小紋の順に需要が高くなるでしょう。生地は正絹の着物が高額査定になります。正絹の生地に厚みがあって、重みのあるものは高額査定が期待できるでしょう。もちろん、着物にシミやカビがあると査定額は低くなってしまいます。シミやカビがつかないように、きちんと保管し、虫干しなどのメンテンナンスがしっかりと行われていた着物が理想的です。

 

傷んだ着物や汚れた着物でも値段はつくのか?

シミや虫食いなど傷んだ着物や汚れた着物はどうしても査定額が下がってしまいます。着物買取査定において、人気ブランドかどうか、デザインはどうか?などは重要なポイントになりますが、それよりもまず、着物の状態や痛み具合が査定額には大きく影響するのです。ただ少しのシミがあれば買取してもらえないのか?というと実はそうではありません。致命的なシミや汚れの場合には、買取ができない場合もありますが、少しの傷みやシミであれば買取してもらえるでしょう。着物がボロボロに破れていたり、目立つ焼き跡、シミが付いていたりする場合には査定額がつかないこともあります。着物をいつか売りたいと思っているのであれば、しっかりとメンテナンスをして保管するべきでしょう。

 

買取価格が安い着物と高い着物の違いは何?

買取価格が安い着物と高い着物では何が違うのでしょうか?まず有名デパートや有名呉服店で買った高い着物は高額査定になりやすいです。有名デパートや有名呉服店で購入された着物は信頼できる、安心できる商品だという認識が強く、それが着物の質の保証にもつながります。特に有名老舗呉服店の着物の場合、熟練した和裁士が国内仕立てした着物がほとんどなので高額査定になりやすいです。また有名作家や人気ブランドの商品も高額査定になる傾向にあります。久保田一竹、志村ふくみ、喜多川平朗などの有名作家の着物はそれ自体がブランド化しているので高額査定が可能です。有名作家の着物の場合には、反物の始まりのあたりにある証明となる証紙、落款の部分のハギレを一緒に入れておきましょう。

 

着物の証紙とは?どんな意味がある?

着物の証紙とは、本物の証になります。この証紙があることで、着物の買取額がぐっと高くなるのです。着物の証紙は伝統工芸の組合が発行するものであり、査定士も「この着物が本物である」とすぐわかるように発行しています。証紙には、産地の登録商標、織元の名前、伝統工芸品マーク、機械織りか手織りか、染め方、絹100%などが記してあるのです。証紙がないと偽物の着物なのか?と言われるとそうではありません。その製作者が伝統工芸品の組合に入っていなければ、証紙はつきません。ただやはり、組合に入っていて本物の証となる証紙がある着物の方が、買取時には有利になり、査定額が高くなる傾向にあります。証紙があるかどうかは買った時にチェックして、無くさないように保管しておくようにしましょう。

 

呉服、和服、浴衣、反物の違いは?それぞれ買取価格はどれぐらい?

呉服 呉服とは呉から伝わった織物の技術を「呉服」と呼ぶようになったので、本来の意味は織物や織物技術、反物を指す意味になります。和服を販売しているお店を呉服屋さん、デパートでは和服売り場を呉服売り場と呼んでいますね。この呉服は和服の意味でとらえていることが多いですが、呉服は呉という国から伝わった織物のことを表す言葉というのが本来の意味になります。

 

和服 和服とは日本在来の衣服であり、今では着物と同じ意味で使われることも多くなっています。着物は長着だけを指す場合がありますが、和服は長着を身に着けて帯を結んで着付けの済んだ状態で表されることが多く、和装全体をしめします。

 

浴衣 浴衣は着物と形はほとんど同じです。そのため浴衣は着物の一種であると言えるでしょう。着物と浴衣の違いは生地が違います。着物の素材は、絹、木綿、麻、ウールなど幅広いです。一方、浴衣は木綿、化学繊維で作られています。また着方も異なり、浴衣は素肌の上に直接着ます。一方、着物は長襦袢の上に着ます

 

反物 反物とは巻物のように巻き上げられた着物を仕立てる前の布のことを言います。一反はおおよそ1人文の着物を作るのに必要な12mであり、幅が約34pです。昔に比べて日本人の体格が大きくなったので、現在の反物は幅が以前よりも広く、幅は37〜38p、長さは12〜14m程度になります。

着物の織の種類について

大島紬

大島紬は、鹿児島県奄美大島を産地とする絹織物です。大島紬に適した季節は盛夏以外であり、極端に暑い時期は1年を通して着ることができます。非常に知名度が高く、着物の女王と呼ばれることも。1000年を超える歴史を持つ伝統工芸品であり、高級織物ではあるものの、フォーマルな場所へは着ていけません。

 

縮緬(ちりめん)

縮緬(ちりめん)は平織の絹織物ですが、近年では綿、レーヨン、合成繊維などを原料として作られた縮緬(ちりめん)も登場しています。絹やレーヨンの縮緬(ちりめん)な水につけると縮んでしまうので濡らしてはいけないので注意が必要です。縮緬(ちりめん)で使われている経糸は撚られていない糸で、織った後に煮沸させると記事の表面にしぼが現れます。秋〜春先に着られることが多いです。

 

結城紬

結城紬は茨城県結城市を産地とする紬で、紬糸を織り上げた織物です。重要無形文化財に指定されており、全てを手作業で作られているため、非常に高価です。生地は強く、長持ちするので親から子へと受け継がれる着物となっています6月、9月などの季節の変わり目に向いています。

 

羽二重

羽二重(はぶたえ)は平織で織られた織物で、絹で織られた羽二重は光絹とよばれることも。普通の織り方ではない羽二重は、特殊なやり方で織られているので軽くて肌触りが柔らかく、光沢感があるのが特徴です。着物の裏地に使用されることが多く、絹織物の中でも高級なものになります。

 

 

緞子

緞子(どんす)は地組織を繻子織、模様を裏繻子で構成した絹織物の生地。異なる色の糸を組み合わせて、はっきりした模様を作り出していくのが特徴的で、生地は厚めでツヤがあり、高級な雰囲気を醸し出しています。重厚感のある高級織物です。

TOPへ